農園情報一覧

米-1グランプリinらんこし 決勝大会進出 その2

惜しくも準決勝に進めず「銅賞」となりました。しかし、この決勝大会に進めたこと、誇りに思います。大会終了後に懇親会があり宿泊して参りました。栽培方法や経営手法など昼間では聞けない本音の情報交換ができました。こういう情報が何より参考になります。

かぼちゃの出荷

今年はかぼちゃは大不作でした。例年の半分以下。玉も小さめです。今年は相場が上向く11月中旬以降に出荷したいなと思い、JA担当者と打ち合わせしておりました。この時期は他の作業とかぶらず、ゆっくり選別できるのでスタッフみんな「来年もこのスタイルで行きましょう!」と言ってくれました。

旭川大学の生徒さんが来訪しました

旭川大学のゼミで「福祉」と「農村」の研究をしているとのことで、当農園のお客様である先生から依頼ありました。生徒皆さんメモをとったり、私の話を真剣に聞いてました。下手な事しゃべれないなと緊張しましたが、楽しい時間を過ごせました。

田んぼの基盤整備&溝きり

基盤整備した田んぼの溝きりをしました。3枚を1枚にしました。いつも田植えや草刈に手こずっておりましたが、来年はきっと快適にこなせると思います。スタッフみんなで「来年は楽になるね!」と喜んでおります。

2018年産稲刈り終わりました!

今年は2台体制での稲刈りだったので通常よりも少ない日数で終えれました。圃場や品種によって出来の差があったので、来年に向けた圃場毎の取組の検討を始めてます。「お天気商売だから仕方ない?」と言う人もいますが、反省点を改善してよりよい結果を目指していきます。

稲刈りも後半戦

稲刈りが終わったほ場はすぐに来年に向けた準備です。気温が高いうちに稲わらを鋤き込むと腐食しやすく土にとってもいいので頑張ってます!

新乾燥調整施設 快調!

去年まで使用していたコンバインも14年目。毎年欠かさず整備点検をしているおかげかまだまだ現役で活躍しておりあす。2台で作業すると許容量のマックスまで刈り取れるし、遅くまで作業しなくて済むので大変ありがたいです。収量はがっくりするほど減収しておりますが、装備は充実できたので楽しく作業にあたっております。

稲刈り始まりました!

例年より1週間遅く始めました。今年は植えた順番ではなく、稲の状態を見てあちこちに移動しながらの稲刈りになりそうです。収量はいつもより少なくなりそうですが、一年の労を実感しながら前向きに収穫作業にあたとうと思います。